HOME > 現場日記 > アーカイブ > 住宅(新築): 2014年4月アーカイブ

現場日記 住宅(新築): 2014年4月アーカイブ

岡山県 新本の家 配筋検査

新本の家は、「耐震等級2」を取っています。
この、「耐震等級」というものは、耐震診断により、
建築がどの程度の地震に耐えうることが出来るのかを示すものです。
「耐震等級2」は、数百年に1度の大地震でも、倒壊・崩壊しない程度の
耐久性がある(建築基準法の1.25倍の対策)しっかりした家になっているという証明です。

「しっかりした家を作るためには、土台から!」ということで、
家の土台、つまり「基礎」がしっかり配筋されているか、という検査を受けます。

金澤さん 配筋検査.jpg

検査員に実際の現場を見ていただいて、配筋の検査を行います。

金澤さん 配筋検査2.jpg

しっかりと配筋されていたため、問題も無く検査もOKでした。

これから柱・梁が組まれる姿を、現場でお施主様と想像しながら、
楽しみですねぇとお話していました。

スタッフ O

1

« 住宅(新築): 2014年3月 | メインページ | アーカイブ | 住宅(新築): 2014年5月 »

このページのトップへ