HOME > 現場日記 > アーカイブ > 2014年5月アーカイブ

現場日記 2014年5月アーカイブ

岡山県 新本の家 

前回の上棟式は残念ながら雨でしたが、今回の打ち合わせは快晴!でした。

IMGP2327.JPG

屋根も着々と出来上がり、お家の形がはっきりとわかるようになりました。
青空の下、板金屋さんが鼻先のガルバリウム鋼板を取り付けていました。

IMGP2305.JPG

お仕事が丁寧・綺麗で感謝です!

IMGP2325.JPG

既存の建物に使われていた丸太もしっかりと組まれていました。

紙の上だけではわからない、細かな箇所を現場で打ち合わせしながら、
出来上がっていく過程は、ドキドキ・ワクワクします!

スタッフO


岡山県 新本の家 上棟式


新本の家が上棟式を迎えました。

上棟式とは、無事に棟が上がったことをお祝いし、
工事の安全と、竣工後も建物が無事であるようにとの願いをこめ、
一般的に木造軸組では、棟木を棟にあげるところにおこないます。

しかし、この日はあいにくの雨で、棟上げは延期です・・・

IMGP2262.JPG

施主さまが雨よけに屋根を用意してくださり、式は予定通りとりおこないました。

IMGP2267.JPG

こちらは祭壇です。
上棟式は、地域や工務店さんなどにもよって、やりかたはさまざまですが、
今回は神社さんにもお越しいただき、おはらいをしていただきました。

IMGP2273.JPG


・・・無事、工事が進みますように!
わたしもこれからに向け、いっそう気が引き締まる想いでした!



翌日、晴天のなか、無事に上棟しました。

P1000840.JPG


P1000854.JPG


最近では省略したり、略式でおこなうことの多い上棟式ですが、
やはり棟が上がると、何もなかった敷地に、おうちの姿が建ち現れるので
誰もがこれからの工事がわくわく楽しみになるものだと思います。

そんなすばらしい時を一緒にお祝いし、
今後へむけて施主さま、工務店さまと気持ちをひとつにできる上棟式は、
すばらしい機会だと思います。


スタッフO


1

« 2014年4月 | メインページ | アーカイブ | 2014年6月 »

このページのトップへ