HOME > 現場日記 > 岡山県 新本の家2

現場日記

< 兵庫県 西宮北口の家  |  一覧へ戻る  |  兵庫県 西宮北口の家 2 >

岡山県 新本の家2

解体が進んできたので、工務店さんにおろしていただいた、
既存梁の確認にいってきました。

23.1.25 001.jpg

昔、長屋門として使われていた材料が、現在納屋に…。
そしてその材料を、新居につかう。
歴史のある家だからこその魅力を、新居にプラスしてくれると思います。

福田建築工房では、梁・柱を見せる建物も少なくないので、
古材をどのように見せて使うか、を検討することも多々あります。
全て新しい材料で建てるのとでは、少し違う、アクセントの効いた家になります。

23.1.25 006.jpg

スタッフ O

< 兵庫県 西宮北口の家  |  一覧へ戻る  |  兵庫県 西宮北口の家 2 >

このページのトップへ