HOME > 現場日記 > 住宅(新築) > 兵庫県 西宮北口の家

現場日記

< 岡山県 新本の家  |  一覧へ戻る  |  岡山県 新本の家2 >

兵庫県 西宮北口の家


23.1.25 071.jpg

兵庫県西宮市 西宮北口の駅の近くで、真壁造りの住宅の工事が進んでいます。

「真壁」という言葉を聞きなれない方も多いかもしれませんが、
真壁とは、構造材の柱(木材)を化粧材としてみせるつくり方をいいます。
それに対し、一般的な柱の上からボードやクロスを張って柱が見えない壁を「大壁」といいます。
真壁にすると、柱が室内に見えてくるので、柱が呼吸をしやすくなります。
漆喰壁との相性も抜群です。

こちらの現場でも、まもなく塗りの作業が始まります。
既製品のクロスなどは一切使っていないので、塗りの作業が大切です。
今回は福田建築工房ではおなじみの「土佐漆喰」を使います。
おなじみ、とはいっても、漆喰に混ぜる自然の土の色や、
職人さんによって、漆喰の仕上がりは違ってきますので、
まったく同じものは二度とできません。
家の印象を決める難しい工程ですが、だからこそ毎回仕上がりが楽しみな工程です。

こちらの「西宮北口の家」は、
お施主様のご好意で、完成見学会(オープンハウス)を予定させていただいています。
詳しくはNEWS&TOPICSのページをご覧ください。



スタッフT


カテゴリ:

< 岡山県 新本の家  |  一覧へ戻る  |  岡山県 新本の家2 >

同じカテゴリの記事

岡山県 新本の家

岡山県 新本で、母屋の横にある納屋を建て直して、
息子さんご夫婦のための離れを計画中です。

IMGP1444.JPG

写真は今建っている、納屋の解体作業中…。
納屋で使われている丸太梁を、新築の梁に再利用するため、
現場にて打合せをおこないました。

母屋も歴史のある、素敵な古民家なのですが、納屋にもすごい梁が眠っていました。
どの部材がどこに使えるのか…1本1本、確認を行いながら回って行きます。

IMGP1454.JPG

屋根の構造がどうなっているのか、とてもわかりやすく、勉強にもなりました!

これから、どんどん現場は進んで行きます。
少し福田建築工房がある西宮からは遠い現場ですが、素敵な家作りが出来るように、
頑張ります^^

スタッフ O

岡山県 新倉敷駅前の家


23.1.25 036.jpg

IMGP1505.JPG岡山県 新倉敷駅前付近にて、セカンドハウス新築の現場写真です。
半分地下に埋めたRC躯体の上に木造をのせる 混構造という工法で、
RCスラブ(床)が打ちあがったところです。
これから木構造部分の納まり等、打ち合わせして、つめていくのですが、
様々な諸事情があり、これまでの道のりが長かったため、
再度、気を引き締め直し無事上棟を迎えれるようにしたいと思います。

スタッフK

このページのトップへ