HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

「家は買わずに建築家とつくる。」 に掲載されました。


福田建築工房が設計・監理をした物件「豊中の家(刀根山の家)」がカタログ本に

掲載されました。 本のタイトルは「家は買わずに建築家とつくる。」です。

カタログ本.jpg
 
家を買う、という言葉は巷ではよく耳にしますし、住宅購入のHOW・TO本も沢山見

かけます。 
ですが本当に家ってただ買うものでしょうか。
 
もちろん、お金を払いますので、買うには違いないのですが、高いですし、長く使いま

すから、住み手
やその土地にふさわしくなるよう考えた方がいいですよね。
 
家をただ買うというのではなく、住み手や街にふさわしくなるよう住み手と共につくり上

げて
いく、そんなことを私たち設計事務所は日々行っています。
 
この本はそんな事例を沢山載せて紹介してあります。
 
お近くの本屋さん (ちょっと大きめの本屋さんならきっと) で置いてありますので、ぜひ

一度手に取ってご覧下さい。
 
スタッフM

伊丹の家


01.jpg


設計事例に、新しく「伊丹の家」をアップしました。

こちらは、兵庫県、伊丹市で竣工した新築木造住宅です。
もともと建っていたご両親のお家の敷地の隣に、息子さま夫婦のための住宅を新築しました。

昔ながらの使いやすい間取りに、すこしづつ工夫を加え、
どこか懐かしくも新しい発見のあるおうちになりました。

昔ながらの広い和室や広い玄関からは、堂々とした印象を受け、とても安心感があります。

居間・食卓室の天井の一部スノコ張りになっており、
二階の開口からの光を取り込むとともに、
二階の気配を感じられるので、家全体の一体感が増します。
ご夫婦二人での暮らしでの安心感もあり、
お子さんやお孫さんが集まった際には、にぎやかにすごしていただけると思います。
また、二階ではここは寝室の前の広縁のような廊下スペースになっており、
寝室からすぐにお布団を出して干すこともできます。

今回は、兵庫県伊丹市を拠点にカメラマンをされている、増田好朗カメラマン に撮影をお願いしました。
是非、設計事例で写真をごらんください。


スタッフ T



ASJ大阪城北 「第1回建築家展」


IMG_0784.JPG

3月7日(金)~3月10日(月)の四日間、
ASJ UMEDA CELL で行われたイベントに参加させていただきました。
お越しくださった皆様、ありがとうございました。

作品事例の展示や相談会をおこなっており、
たくさんの建築家と直接話すことのできる機会になっております。
私たちにとっても、お客様とのご縁をいただける貴重な機会ですので、
福田や事務所スタッフで参加させていただいています。

ASJ UMEDA CELL は、梅田阪急オフィスタワーの24階にあり、
駅からもアクセスしていただきやすいので、お出かけのついでに、気軽にお立ち寄りいただけると思います。

今後もNEWS&TOPICSのページでイベント情報を告知しておりますので、
建築家との家造りにご興味をお持ちの方は、ぜひおこしくださいませ。


スタッフT



上総町の家

設計事例に、新しく「上総町の家」をアップしました。

こちらは、京都の上総町にある住宅です。
前道路に大きな2本の街路樹があるのが、
特徴の敷地に建っています。
長屋を建て替えた新築なのですが、京都特有の
間口が狭く、奥行きが長い敷地でした。

そこで、「前道路の街路樹を、お庭の緑にしてしまおう」
と考え、2階にリビングを持ってきました。

2階にリビングを持ってきたことにより、みんなが集まる部屋に
光が差し込み、大きな窓からは、緑が見える…。
リビングが2階にあることは、あまり良くなさそうに思われがちですが、
自然と集まりたくなる場所にすることによって、日常の運動にもなると思います。

今回は、京都市を拠点にカメラマンをされている、岡田大次郎カメラマン に撮影をお願いしました。
是非、設計事例で写真をごらんください。

スタッフ O

オープンデスク


今週は、オープンデスクに、福田が講師をしている 京都橘大学の3回生の女の子が来てくれています。

今回は一週間という短い期間ですが、1/100の模型の作製をお願いしました。

IMG_0540.JPG

福田建築工房では、よく見かけるスチレンボードを使った白模型ではなく、
ダンボールを使って模型を制作することがほとんどです。

いつも、スチレンになれている学生の方は、はじめは戸惑った様子のこともありますが、
とてもきれいに仕上げてくれています。
スチレンよりも少し硬いので注意が必要です。

IMG_0541.JPG

こちらはいま製作中の模型です。

福田建築工房では、いつでもオープンデスクの受け入れを行っています。
建築系の大学生の方、院生の方、就職活動中の卒業生、など・・・、
アトリエ系事務所の実務に興味をおもちの方、実践的に設計やデザインの勉強をしたい方、
お気軽にご連絡ください。

春休みや夏休みなど、まとまって2週間~3週間、来ていただくことをお勧めしますが、
平日の学校のあとや、何曜日だけ、などでもご相談ください。
ご対応します。

内容は、模型製作をはじめ、実務のお手伝いや、
タイミングがよければ現場の見学ができることもあります。

女性の多い、アットホームな事務所なので、
緊張せず、楽しく作業してもらえると思います。

スタッフT



熊野古道 なかへち美術館 熊野本宮大社


週末に和歌山県田辺市の、熊野本宮大社にいってきました。

車で、田辺から、熊野本宮大社へ向かう途中、
中辺路の近露のあたりに 「なかへち美術館」 という小さな美術館があります。

IMG_0432.JPG

実はここは、SANNA(妹島和世+西沢立衛)が、最初手がけた美術館なんだそうです。

展示物もさることながら、ついつい建物に見入ってしまいました。


なかへち美術館からさらに車で40分ほど進んで熊野本宮大社に到着。

IMG_0479.JPG

鳥居をくぐり、参道を進みます。
階段はちょっとしんどいですが、大きな木々にかこまれ、とてもきもちがいいです。

IMG_0493.JPG
 
立派な神門をくぐると社殿が並んでいます。

残念ですが、これより先の写真の掲載は控えます。
ぜひ、足を運んでみてください。

お参りをすませたあと、やた烏 の 勝守り を頂いて帰りました。
サッカーなどのイメージが強い やた烏 ですが、
このお守りは、‘敵に’ ではなく、
‘自分自身に’ 勝つ 、という意味がこめられているそうです。

私も今回は車での参拝だったので、次回は熊野古道をじっくり歩いてみたいと思います。


スタッフT



福田建築工房の新しいフライヤーができました


IMG_9897.JPG

福田建築工房の新しいフライヤー(チラシ)ができました!

以前は二つ折りの小さなパンフレットにさせていただいていたのですが、
ホームページのリニューアルにあわせて、こちらもシンプルなはがきタイプに変更しました。

イベントや展覧会、オープンハウスなどで、
福田建築工房に興味を持っていただけた方にお渡しさせていただく予定です。

現在は全5種類ですが、これからも新しいデザインを増やしていきたいと思っています。

IMG_9902.JPG

5枚それぞれ個性的で、どれも素敵に仕上りました。

お持ち帰りいただいた先でそっととっておいていただけるような、
みなさまとのご縁をつなぐ一枚になればと思っています。

明日(1月26日)の京都東のイベントよりこちらのフライヤーをお渡しできる予定です。


▼イベント・オープンハウスの詳細はNEWS&TOPICSのブログページをご覧ください。
http://www.f-kobo.com/news/


スタッフT



続 前川 國男 

解像度変更2.jpg

昨日は、岡山に打ち合わせに行ってきました。

帰りに別物件の申請のために寄った岡山県庁です。

外壁の仕上げや 空洞ブロック、中庭、石積み 等すごく雰囲気が良かったので写真を撮りました。

前川國男 設計だそうです。

解像度変更.jpg

3階のデッキに出られなかったのが残念ですが、(元々出ないもの?)

力強い雰囲気のある建物でした。

スタッフK

前川國男氏自邸

前川國男氏の自邸を一度見たくて、週末に東京小金井の東京江戸たてもの園に行ってきました。前川氏の自邸が素晴らしかったのはもちろん、他にも明治・大正・昭和初期の建物が沢山移築されており、じろじろキョロキョロ楽しんできました。
建築に興味のある方なら一度は行くべきスポットかと。

 
 
画像 003.jpg画像 082.jpg
画像 051.jpg
                                                        スタッフM

新年会・餅開き


かがみもち.jpg

本日は、福田建築工房の新年会です!
今回は、みんなで事務所での鍋パーティをすることになりました!
そこで、事務所の玄関に毎年飾っている鏡餅も、ちょっと早いですが餅開きをすることになりました。

日本の四季の行事、特にお正月は、大事なイベントですよね!
福田建築工房の玄関には、毎年本物のお餅の鏡餅が飾られます。
みなさまのおうちには鏡餅はありますか?

福田建築工房は、日本の四季を感じられる家づくりを大切にしていきたいと思っています。

そろそろお鍋のいいにおいがしてきました^^

今年も一年、スタッフ一同がんばりたいと思います!


スタッフT


<<前のページへ1234

アーカイブ

このページのトップへ